岩手・盛岡・北上で新築一戸建て住宅、無垢材を使った木の家を建てるなら北斗建設にお任せください。

エコ・省エネな快適住宅「認定低炭素住宅」のご案内

認定低炭素住宅とは?

低炭素住宅とは、二酸化炭素の排出量を大幅に削減する省エネの住宅をいいます。

住宅本体の断熱性能を上げ、省エネの設備機器を用いることで、平成25年の新しい省エネ基準に比べ消費するエネルギー(電気・ガスの消費など)がさらにマイナス10%以上になります。

 

認定低炭素住宅とは、性能評価機関による技術的審査をパスし、所管行政庁が認定した住宅のことを指します。

北斗建設で施工する住宅は認定低炭素住宅です(各行政にて認定できない地域があります)。

認定低炭素住宅の良いところ

健康で快適な室内環境

断熱性能が高い低炭素住宅では、健康で快適な室内環境を作り出すことができます。

◆快適な室内環境の条件

  • 頭と足元の上下間での温度差がない。
  • 住宅内での温度差がない。
  • 冷暖房機器に頼る割合が少なく、不快な気流がない。
  • 温度差による結露やカビの発生がない。

 

ヒートショックの防止

断熱性能が高い低炭素住宅では、室内間の温度差が少ないため、温度差による血圧の変更で起きるヒートショックなどの健康被害を防止し、家族の健康を守ります。

入浴中の心肺停止による死亡事故は年間約17,000人と言われており、その大半が冬期を中心とした住宅内の温度差が原因と言われています。

入浴やトイレ使用時のヒートショックを減らすために室内間の温度差を少なくするには断熱性能を高めることが必要なのです。

 

高い省エネ性能による家計の負担軽減

低炭素住宅は、快適な健康住宅を作るばかりでなく、その高い断熱性能から、光熱費の多くを占める「冷暖房機器」に頼る割合を減らすことができるため、家計の負担を軽減することができます。

家計にも環境にも優しい家、
それが「長く住みたくなる いえ 認定低炭素住宅」です。

 

 

一般住宅と認定低炭素住宅の光熱費を比較してみると・・・

断熱性能を高めた認定低炭素住宅は、冷暖房費等の光熱費でも家計の負担を軽減することができます。

 

一般住宅と認定低炭素住宅の年間光熱費を比較すると・・・

合計約355万円の差!

 

 

 

認定低炭素住宅を取得するメリット【税の特例】

二酸化炭素(CO2)の排出量を大幅に削減する認定低炭素住宅にはお得な税の特例があります。

 

認定低炭素住宅を取得するメリット【フラット35 S(金利Aプラン)適用】

H25年省エネ基準を上回る高い技術基準をクリアした認定低炭素住宅には【フラット35】S(金利Aプラン)を利用することができます。

 

 

北斗建設の認定低炭素住宅

北斗建設で施工させていただく住宅は認定低炭素住宅です(各行政にて認定できない地域があります)。

快適で健康な住宅に住み、さらにその間エネルギーを節約し家計の負担を軽減できる生活を送り続けられるかどうかは、新築するときの決断で決まります。

新築をお考えの際は、是非お気軽にご相談ください。

 

ページトップへ